読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

営業のトークと理論とライバルと

考え方があり、基本があり、その後に工夫があり

 

それらを考えて論理となる。

 

 

営業のベテランの方は、非常に論理的です。

 

基本的な考えに基づいて、経験を積み、成功パターンを積み上げいます。

 

なぜ成功したか、どうしたら良くなるのか、考えている人は

結果的に論理的になります。

 

センスだけでゴリ押せる範囲などたかがしれています。

 

そもそも、日本人のいうセンスとは

その個人が持つ、過去に似た経験を持っていたに過ぎません。

 

要するに、近似値に対応できても、根本的に未知の事態には対応できません。

 

個人的にセンスの良いだけの人間など全く怖くありません。

放置すれば勝手に特定のラインで自滅する上

周囲がセンスがあると褒めそやすので

勝手に努力を怠ってくれるからです。

 

ライバルとして考えた時、全く脅威ではありません。

 

 恐ろしいのは、

前提として明確な自己目標を持ち

 

・膨大な経験と知識を持った人間

・モチベーションが恐ろしく高い人間

・センスが良くて、考えが柔軟な人間

 

この3つのパターンは強いです

 

まぁ、そうは言っても本人が強みを自覚してなかったり、

偏りがあったりで結構どうにかなるんですけどね。w

 

 

 

番外編で コンプレックスの強い人間は恐ろしいそうです。

自分はこのタイプに覚えがないので、番外編としました。