読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

考えに困ったら書いてみろ。と良くいいますが。

ちょっと、誤解がありそうなので書くと。

 

単に書くだけなら意味ないです。

 

まず、何故書くか。という理論のお話

それは人間の脳の仕組み的に書かないと、脳が情報を認識してくれないからです。

例えば、頭の中で10考えていたとしても、頭の中だけで考えられるのは1つずつだけです。

 

それを10個紙に書いて、脳が認識できる状態にする。

 

というのが前提です。

 

 

次に、どう書くか。

マインドマップ

・マンダラ

・マトリクス

フランクリン・プランナー

・進行表

・レーダーチャート

・ToDoリスト

 

とかの手法を使って、目的・用途に合わせて書き出す。

これが「書いてみる」の意味です。

 

個人的なオススメは、

フランクリン・プランナー

・ToDoリスト

・レーダーチャート

 

レーダーチャートなんかは、内定を受けた企業を、

「収入」「通勤時間」「立地」「将来性」「仕事内容」

各種5点 配分

 

で2社比較して、自分の求める。希望を比較したりしました。

 

よくMBAなんかの分析ツールでも使われますが、

要するに使い方次第なんで、気に入った分析手法を持っておくと、

頭の整理が非常に楽になります。