読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

練習

chromatic.jp

練習で感じたこと

・音を出す 共鳴腔は全てバランス良く響かせる

・口を開く時は、舌の奥を開く感じ

共鳴くう

  • 咽頭腔(いんとうくう):声帯の上
    共鳴腔として一番最初に機能する最も大事な共鳴腔。
  • 口腔(こうくう):口の中
    二番目に大事な共鳴腔。目で見やすくコントロールし易い。
  • 鼻腔(びくう):鼻の空間
    高音 ナ行、マ行 ンの音を使う際に共鳴させます。

 

  • 音を響かせるには空間が必要
  • 咽頭腔、口腔、鼻腔をバランスよく響かせコントロールする

 

なんというか、カラオケと違って自分で練習して声出してると違う

 

聞くだけ聞いたり、一緒に歌ったり、楽器触りながら歌ったり、聞いたり

 

なんというか考え方が変わった感じ。

 

多分のイラストで色々練習したおかげだと思うが、やり方はひとつじゃない

とか身に沁みたんだろうw