読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

C# goto文 使い分け

goto分の使い方

 

case などに縛られずに指定した処理に飛ぶことができる

 

 

break 文 や continue 文

はあくまでも 処理の中断だから。

 

使い分けを気をつけるべし

 

goto 文は

<<書式>>

goto example;

|

|

example:

Console.WriteLine()

 

 

try

{}

 

catch

{}

 

で処理の分岐を考えるのもイケるみたい。

ある意味 イベントを保存できるから悪くないなー。

 

if

else

を更に入れ子したりがまだイメージできないなー。

 

んー。簡単なやつを何回か書いてみるとかやってみるのも必要かなー。