読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アルゴリズム 鶴亀算

鶴亀算C#に置き換えてみた

 

参考

1週間で学ぶIT基礎の基礎 - 新人SEのための楽しく学ぶアルゴリズム 第1回(2):ITpro

 

 

今回の条件

鶴と亀 16匹

足の数 44本

 

日本古来の算法

 

まず、

鶴の足は 2本

亀の足は 4本。

 

亀の前足を2本縮させ 2本にする。

そうすると、2本足の生き物が 16匹いることになる。

2本足 × 2 なので32本 

 

しかし、実際は44本あるので

44-32 = 12

亀さんが縮めた数になる

一匹に付き2本縮めるの 

12 / 2 = 6

が 亀さんの数になる。

 

 

こういうのをプログラミング的に考えると

連立方程式にしても表現手段。

アプローチの一つでしか無いと感じる。

最近プログラミングが楽しい。

 

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Text;

namespace ConsoleApplication4
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            int kame;
            int turu;
            int kame_turu;
            int asi;

            //問題の設定
            kame_turu = 16;
            asi = 44;

            Console.WriteLine("鶴と亀の合計 " + kame_turu +"\n"+ "足の数の合計 " + asi);
            

            //亀の合計
            kame = (asi - kame_turu * 2) / 2;
            Console.WriteLine(kame);

            //鶴の数
            turu = kame_turu - kame;

            Console.WriteLine("鶴の数" + turu +"羽");
            Console.WriteLine("亀の数" + kame + "匹");



        }
    }
}