読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

C# 勉強なう

コレクション

→フォーム上に配置したコントロールなどのオブジェクトの集まり。

 

 

フォーム上のオブジェクト

→Controls コレクション

 

 

 

Controls コレクションはフォームの作成時に、作成されフォーム上に配置するたびに、配置したコントロールが自動的に[Controls]コレクションに追加されるようになっています。

 

controls コレクションを操作したい場合、 foreach ステートメントを使用する

 

 

 

 

foreach(オブジェクトのデータ型 オブジェクトを格納する変数名 in 操作対象のコレクション名)

ステートメント{

}

 

 

 

Controls コレクション

 

 

 !=

一致しない

 

.Name プロパティ

→フォームの名前のプロパティ

 

 

 

配列

→配列の中身の事を「要素」とよぶ

 

 

new

→クラスを呼び出すためのキーワード

 

int [] array = new int[5];

って事は、配列変数のクラスを呼び出したってことかなー

 

 

配列の定義。

イベントハンドラ。ボタンとか。のフォームの外側

public Form1(){}

の下側に入力.

 

¥n¥r

=多分改行。

C言語系列で使われてたらしい。

詳細が広すぎるのとりあえず

 

書いたプログラムの整理

 

Form1

Button 1

配列設定 5

設定した 5個分の配列を

forループで回す

 

 

        private void button2_Click(object sender, EventArgs e)
        {
            string strResult = "";

            for (int i = 0; i < 2; i++)
            {
                strResult =  strResult + array[i] + "\r\n";

            }
                    textBox1.Text = strResult;
        }

 

こういう考え方 面白いですね。

 

なんで空っぽの文字列。string strResult = "";

をいれて、

     strResult =  strResult + array[i] + "\r\n";

 

ってするのか。

一回目

strResult  = "" + 1 +改行

 

二回目

strResult  =  <strResult  = "" + 1 +改行>   + 2 +改行

 

三回目

strResult = <<strResult  = "" + 1 +改行>   + 2 +改行> + 3 +改行。

 

別にループの中に

        private void button2_Click(object sender, EventArgs e)
        {
            string strResult = "";

            for (int i = 0; i < 2; i++)
            {
                strResult =  strResult + array[i] + "\r\n";
                    textBox1.Text = strResult;
            }

        }

 表示のインスタンス仕込んでも結果は変わらないんですが、

なんで、 strResult使うのかって理屈は面白いですねww

 

こういうのが俗にいうアルゴリズムなのかなー。

一回、本屋さんで見てみようかなー