読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俗にいう。 「才能」「センスがある」  おまけのおまけ『説明の手法!! 』

日本語はあらゆる意味で、言葉の定義がいい加減なので。

 

文法とかの学習をせず、

外国語を思考停止で取り入れて意味も用法もわからず使ってたら、そうなるわ!!Fuck!!

 

 

<説明に際して>

資料・論述などでは使用する言葉の定義を明確にした方がいい。

それは、

一般的に使用されている語彙と説明で使用する際の言葉とに差異が合った場合。誤って相手に伝達されるからである。

 

また、説明をする際は、

・全体視が可能なように概要図を作成

・相手に伝えるべき情報は全て用意。

・伝える順番を整理

・情報量を極限まで圧縮。(余分な言葉を書くと相手が誤解を招く可能性がある為。)

使用する色は3色程度に抑える(テーマカラー、基本色、挿し色)

今回で言えば(テーマカラー(=背景 黄色。) 基本色(=文字色 黒)(挿し色=赤))

色の使用にルールを定めるとパッと見の印象が映えます

「色 デザイン 組み合わせ」で検索するといいかも。(デザインは学問。)

 ・伝えるべき主題を明確にする。

今回で言えば

題;「才能」と「センス」 

→定義明確化 

→必要な前提の提示 

→イメージの使用による読者の脳内へのイメージ伝達 

→結論 ) 

 

「結論」→「説明」とかわかりきってるんだよボケッ!!!

具体的にそれを可能にする手法提示できなきなきゃ理解してるとはいわねぇんだよ

 

 

 

f:id:akira00000:20160703131014j:plain

f:id:akira00000:20160703131016j:plain

f:id:akira00000:20160703131018j:plain

f:id:akira00000:20160703131020j:plain

f:id:akira00000:20160703131022j:plain

f:id:akira00000:20160703131024j:plain